小規模企業支援強化事業の概要

副理事長 望月建治 

1 概要

 神奈川県では県内の小規模企業等に各種支援策を周知し、小規模企業等が抱える経営上の課題やニーズに対して専門家等の活用を通した支援を行う「小規模企業支援強化事業」を平成28年度から実施している。これによって、小規模企業等の経営改善支援、起業・創業支援等を強化し、小規模企業等の持続的発展を図ることを目的としている。この背景には平成26年6月に成立した「小規模企業振興基本法(小規模基本法)」、「商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律の一部を改正する法律」(小規模支援法)がある。

 

2 事業内容

(1) 小規模企業サポーター活動事業

 小規模企業サポーターがボランティアとして小規模企業等へ巡回訪問し、中小企業・小規模企業支援施策等の情報提供や小規模企業等が抱える経営上の課題やニーズを収集し把握する事業。

(2) コーデイネーター活用事業

 小規模企業等が抱える経営上の課題やニーズに対して中小企業診断士、社会保険労務士、税理士、弁護士などの専門家(コーデイネーター)を派遣し支援する事業。

 

3 事業スキーム図