幸田年雄

5S活動の指導報告

 5S活動を実施することにより職場が綺麗になり会社が変わった、従業員の意識がかわったとよく言われます。

 この5Sとは「整理(Seiri)・整頓(Seiton)・清掃(Seisou)・清潔(Seiketsu)・躾(Shituke)」の頭文字をとった5つの項目の活動です。

 5Sにより綺麗になった職場は安全で効率の良い作業ができます。また、CS(お客様満足度)につながります。サービスの質のアップ、綺麗なお店や会社は評判となり宣伝効果にもなり、リピート客を増やすことにも役立ちます。

 5Sを実施することにより、社員の意識化改革・モラール(士気)向上につながります。効率面では、探すムダや動線改善などができ作業時間の短縮などが図れます。


 私が指導を行う時の流れは、まず5Sの座学を実施し、次に現場に入り、従業員の方の意見を聞きながら5Sの実践を行います。最初は5S活動に反発する方がでることもありますが、実際に活動を行い目に見えて効果がでてくるとそのような方もいなくなります。


 私が指導を行う時の流れは、まず5Sの座学を実施し、次に現場に入り、従業員の方の意見を聞きながら5Sの実践を行います。最初は5S活動に反発する方がでることもありますが、実際に活動を行い目に見えて効果がでてくるとそのような方もいなくなります。


 指導時は覚えやすい5Sキーワードである「2S(整理・整頓)」、「3定」、「見える化」を使います。「2S」とは整理・整頓のことで、5S活動が初めての現場指導の時によく使います。すぐに5Sすべてを理解し覚える

のは大変で、頭が混乱してしまいます。2S(整理・整頓)の言葉を使いうと指導が受け入れやすいようです。

 「3定」とは定位置、定品、定量のことです。モノや設備などの置き場所を決め、取り出しやすくすることです。具体的にはモノの置き方、職場のレイアウト、仕事の進め方の標準化を進めます。

 「見える化」とは基準、標準が設定されておりそれから現状がズレていないか確認ができることです。そして次に見える化、言える化、直せる化ができる状況をめざします。モノの置き方、設備配置、仕事の進め方に対して管理サイクルのPlan-Do-Check-Actionをまわすことのできる見える化を指導します

 5S活動の効果実績として、綾瀬市にある従業員7名の製缶業社で5Sを指導した結果、5Sにより工場内に空きスペースを作ることができ、工場レイアウト変更に繋がり、離れていた第二工場を第一工場の一つに集約ができ、家賃、移動時間のムダ削減などが実現し年間202万円の節約効果を出した事例があります。


以下は、工場やオフィスの現場に出向き従業員および経営者と一緒になり5Sを実施してきた5S実践指導事例を紹介いたします。

「整理」不要な書類を捨てる

 1年分の請求書が保管されていた引出しから、倉庫へ期限内保管するものとファイル保管するものに分類し、残す必要のある書類だけを残しました。

「3定」傘たての3定管理

 社員の傘を置く位置を指定席にすることにより、傘たての2Sができ、お客様のエリアも確保でき会社のイメージがアップしました。

「見える化」探すムダ改善

 扉を開かなくとも棚内部の製品保管状態が見えるようにガラス扉に変更し、扉を開けなくても探すことができるようになりました。

「整頓」工作機の刃具の整理 

 奥のものを取りやすくするために、棚段ごとにひな壇を設置し刃具を探しやすく、取り出しやすくしました。少し余分な動作が残りますが妥協する中にも少しでも使いやすさを考えました。

最後に5S活動は製造業からずサービス業と幅広く行える活動です。今後もものづくり企業研究会の活動として取り組み中小企業の支援を続けていきます。