地域交流サロン

 地域交流サロンは神奈川県内の各地域で取組んでいるユニークな取組み、地域活性化への取組みを紹介し、地元の団体・住民や行政の方々と話し合い、交流しながら研究・検討するものです。

平成28年度

地域交流サロン in 大和市(平成28年12月14日) 

 健康ボイストレーニング in ふれあいサロン千本桜

平成26年度

地域交流サロン in 湯河原(平成27年1月17日)

  温泉泥で街おこし


地域交流サロン in 川崎区(平成27年3月24日)

 ”鋼管通りでブツブツ” 報告会

平成25年度

①地域交流サロンIN 横須賀(平成25年10月4日)

 京急横須賀駅近くの昭和レトロの街、若松マーケットの活性化のために開発された「横須賀ブラジャー」(ブランデーとジンジャエールのカクテル)の開発過程の紹介。横須賀どぶ板通り活性化のために開発された「グランベリービームコッター」(ジンビームとグランベリージュースのカクテル)の開発過程の紹介。

 

②地域交流サロンIN海老名(平成26年2月5日 )

 江戸時代創業の海老名市の泉橋酒造㈱で開催された。泉橋酒造㈱は「酒造りは米作りから」というコンセプトから、自家水田を持ち、近隣農家と米作りを研究して、地域での米作りを行っている。所謂、ぶどう畑の中にワイナリーがあるように、水田の中に酒造蔵がある。なぜ、そのような戦略を取ったかについて紹介があり、参加者との質疑応答が行われた。

 

③地域交流サロンIN座間(平成26年3月30日)

 かながわ朝市サミットが座間で開催され、その隣接した会場で開催された。横浜商科大学の佐々教授の基調講演の後、地域商業の活性化についてパネラーの地域商業者から実際に活動している状況を披露しながら、自らの考え方を述べた。その後、参加者との活発な意見交換が行われた。

 

ダウンロード
地域交流サロン in 横須賀
salon in yokosuka.pdf
PDFファイル 163.5 KB