公益法人として求められることは、受託事業だけでなく、自主事業を積極的に展開していくことです。地域社会や市場のニーズを毎年継続的に調査・研究し、その成果を事業活動に反映し、中小企業者や地域社会の活性化に貢献していきます。

 

 現在は、次の事業を推進しています。

最低賃金総合相談支援センター

 経営と労務のワンストップ相談窓口で、専属のコーディネーターが面談し、電話等による相談業務を行っています。相談内容によっては専門家を派遣することがあります。本相談業務は、神奈川労働局からの委託業務(中小企業相談支援事業)です。

 最低賃金総合相談支援センターへ

 

無料相談会

 神奈川県立図書館及び神奈川県立川崎図書館とタイアップし、無料で創業・開業相談や経営相談などのビジネス支援相談を行っております。

 無料相談会へ

福祉サービス第三者事業

 福祉サービスが「措置」から「契約」に変わったことで、福祉サービスの第三者評価制度がスタートしました。

 けいしん神奈川は単なる第三者評価だけでなく、評価で気付いた点をベースにして業務改善をアドバイスします。

 福祉サービス第三者評価事業について 総括責任者 野崎 幸治

 福祉サービス第三者事業へ

指定管理者第三者評価事業

 横浜市は、指定管理者評価制度を平成18年から始めました。当法人もいち早く取組み、評価機関として認定を受け、評価活動を開始しています。

 横浜市指定管理者第三者評価10年の振り返り 総括責任者 上坂 渉

商店街第三者評価事業

 行政は各種補助金で商店街を支援してきましたが、一向に衰退が止まる気配が見えません。これを打破するには、商店街の課題を体系的に捉えることが必要だと考え、評価の仕組みを構築しました。評価は、日本経営品質賞のアセスメント基準がベースになっています。

 商店街第三者評価事業へ

 

地域交流サロン

 地元の団体や行政の方々と交流を深めるために、地域交流サロンを地元で開催しています。交流の中から、地域が抱える課題解決の手がかりが見つけ、解決の一翼を担いたいと考えています。

 地域交流サロンへ

 

共催事業(朝市サミット)

 「かながわ朝市サミット」は、年1回、神奈川県内の朝市が一堂に集まるイベントです。出店するだけでなく、シンポジウムや来場者による「元気なお店コンテスト」、出店者による交流会を行っています。当法人は、第一回から「朝市サミット」を応援しています。

 共済事業(朝市サミット)