「日常から取組むBCP」~自社のBCPを活用して儲けてみよう~

 御講演の中で、シナリオ型BCPからリソース型BCPへ移るべきという北講師のお話を興味深くうかがいました。

シナリオ型BCPにどのような課題があるのか

 BCPは想定されるリスクに対して、前もって対策を講じておき、想定された緊急事態が発生したときに、BCPを発動することです。想定されるリスクとして、例えば、地震、津波・洪水・ゲリラ豪雨、大火災、インフルエンザ、サイバーテロ、火山噴火等があります。それぞれのリスクに対応した、それぞれのシナリオ型BCPを策定することになります。

 シナリオ型BCPの場合は、数多くのリスクに基づくBCPを策定しますが、常に想定外の出来事が予想されますので、シナリオに織り込まれてない出来事に対して本当にBCPが機能するのかという疑念が拭えないのです。

 

リソース型BCPとは

 リソース型BCPとは経営資源(社員、工場・オフィス、設備、原材料・部品、情報システム、電気・ガス・水道・電話のインフラ等)に着目したBCPです。リスクが発生したときに、工場・オフィスが使えなくなった、社員の確保できなくなった等の重要事業の実施に不可欠なリソースに注目し、リスクの種類に拘わらず、そのリソースがダメージを受けた場合にどのような手を打つかを事前に準備しておくことです。

 

 例えば、情報システムに対するダメージを考えてみます。地震対応のシナリオ型BCPでは、転倒により壊れる、電源断により動作しない等の物理的ダメージを想定することになります。リソース型BCPでは物理的ダメージの他に、ウイルス侵入によるダメージを考慮した対策を考えなければなりません。

 組織の規模や体力によっては、目標とする対応策を講じることが難しい場合もありますが、そういった事実を認識することが重要だとも言えます。

 

「BCP作成のすすめ(かながわ版)」はシナリオ型か、リソース型か

 BCPを作成する際、リスクの想定、例えばインフルエンザなのか、地震なのかから始めます。インフルエンザを想定した場合のBCPでは、経営資源のうち社員の確保だけが課題になると思われます。このBCPが地震に遭遇したら、想定外の連続で役に立ちそうもありません。シナリオ型BCPの典型例と言えます。

 地震が発生した場合はインフルエンザと違い、ほとんどの経営資源にダメージを与えるものと予想されます。地震を想定したBCPは、ダメージを受けると予想される経営資源の代替策を盛り込むことになりますので、ほぼリソース型BCPに近いと考えられます。より完璧なBCPを目指すとするならば、経営資源に対するあらゆるリスクを想定するリソース型BCPを作成することになります。

 

継続的改善(BCPのPDCAサイクル)

 PLAN(方針・計画)→DO(導入・実施・運用)→CHECK(点検・有効性の評価)→ACT(是正処置・改善)の管理サイクルを回して、作成したBCPを継続的に改善せよと講師は述べています。

 BCPは単なる文書ですので、作成しただけでは社員になかなか浸透しません。訓練をしてみて、初めて文書化されたBCPの問題点に気づき、是正措置をとることになります。このPDCAサイクルをまわして、安心して働ける職場をつくることができれば、社員の意識改革につながると思われます。

 

 経済、社会、技術は恐ろしいスピードで変化します。特にインターネットは人と人繋ぐ道具から、モノとモノを繋ぐ道具へと進化続けています。変化に合わせた新製品や新サービスの開発により重要な事業が変わり、それに合わせてBCPも深化させていかなければなりません。